Excelで成績評価、成績判定はLookup関数が便利!

テストの成績など、点数に応じて評価判定をする場面では、ExcelのLookup関数を使うと便利です。

例えば、0~59点はD評価、60~69点はC、70~79点はB、80点以上はAの評価を与えるとします。
ExcelのセルA2に点数を入力したとき、セルB2にその評価が自動表示されるような数式は、セルB2に次のように入力します。

“Excelで成績評価、成績判定はLookup関数が便利!” の続きを読む