HDL-A2.0 分解してみた。

IODATA LANDISK HDL-Aシリーズの2GBモデル HDL-A2.0を分解してみました。

●カバーの取り外し

まずは、HDL-A2.0本体の底面に1つだけあるネジを外します(底面は縦置きにした場合の底側)。

次に、HDL-A2.0本体側面の上部にある隙間にマイナスドライバーなんかを優しく差し込み、プラスチックのツメを外します。

ツメは次のような形をしています。

ツメが少し外れたら、HDL-A2.0本体をひっくり返します。

あとはカバーを少しスライドさせ、上に持ち上げると取り外せます。HDL-A2.0の中身はWESTERN DIGITAL の WD20EARX。なんと某価格比較サイトで売れ筋1位!(2012.8現在)最安ショップはAmazon。
[Amazon] Western Digital Caviar Green 3.5inch 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps WD20EARX

●ハードディスクの取り外し

ネジは3か所あります。ハードディスクの左側にあるネジ。ネジ穴が大きめなので、大きめのプラスドライバーを使うといいみたいです。

右側面にはネジ2つ。

ネジを取り外したら、ハードディスクを写真にある矢印の向きにスライドさせて、コネクタから外します。

取り外した後のケース。

ケースファンは、35mmサイズでした。ネジの取り付け位置が特殊な形をしています。

HDL-A2.0搭載のハードディスク 重さは631g!

続いて、バックアップを取ってみたところ・・・。続きの記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。