Pythonが起動しないのはアプリ実行エイリアスのせい!?

開きっぱなしのコマンドプロンプトで、いつものように Python を実行したら何事もなかったかのようにプロンプトに戻ってきた・・・。はて・・・どういう事??????

環境はWindows 10。たったさっきまで動いていたPython・・・。もう一度実行すると、今度はMicrosoft Storeが起動した。感覚的に PATH が通ってないような感じ。でもそうであればコマンドが見つかりません的なメッセージを出すはず。そこで、まずPATHを確認してみたら・・・

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps

という見慣れないディレクトリを参照していた。エクスプローラーで中を確認すると、0バイトの実行ファイル。中にPython.exeもあった。間違いなくこいつが原因だ。

更新日時を見てもついさっき、2,3時間前にできたようだ。そもそもWindowsAppsフォルダって何者?と調べてみたけど、どうもストアからインストールしたアプリが入るっぽい。

ではなぜ0バイトの実行ファイルが作られるんだ・・・となるけど、見つけました。

ここから解決方法!

Windowsの設定からアプリの項目を開く。「アプリと機能」の中に「アプリ実行エイリアス」があって、そこをさらに開くとこうです。

全部「オフ」にしました。

WindowsAppsフォルダの中のファイルを移動したり削除しようとしても、アクセス権限か何かでエラーになったけど、これをオフにするだけで該当ファイル、python.exeもきれいさっぱりです。

設定後はいつも通りコマンドプロンプトでpythonも実行できました!

余談だけど、最近追加されたWindows Updateの一時停止を、仕事中、特にプログラムコードを書いてるときはずっと延長しっぱなしでいたのに、今日のこの件でイベントログとか見てたら動いてるっぽいんだけど、というか実際動いて0バイト実行ファイルができたんだろうけど・・・。余計な仕事を増やさないでほしい・・・本当に。

参考になったサイト
Typing “python” on Windows 10 (version 1903) command prompt opens Microsoft store

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。